最新!大阪で加圧トレーニングの資格を取得する為には?

大阪で加圧トレーニングの資格を取得する為でも少し古めの情報が上がってきますので、現時点(2022年4月現在)での最新の情報を掲載させて頂きます。

大阪で加圧トレーニングの資格を取得したいけどどうすればいいの?

今回は、「加圧トレーニングを指導できる資格を取得して加圧トレーニングインストラクターになりたいんだけど、どの資格を取得したらいいのか」や「大阪で加圧トレーニングのトレーナーの資格(加圧トレーニングインストラクター)は取得することはできるのか」といった疑問に対する記事を書かせて頂きました。大阪・難波にある当施設「加圧&ボディメイクスタジオK」でも資格取得希望者は随時募集しておりますので興味のある方はお話しだけでも大丈夫ですので是非こちらからお問合せください。この記事を最後まで読んで頂けますと加圧トレーニングの資格についてや大阪で加圧トレーニングの資格取得する方法を詳しく知る事が出来ます。加圧トレーニングの空圧の機械の写真

大阪で加圧トレーニングの資格取得する前に加圧トレーニングの資格について詳しく知ろう

まず加圧トレーニングとは、四肢に専門のベルトを巻き血流を制限しながら行なうトレーニング法を指します。ここでまず世間一般敵に大きな間違いをされているのはネット広告などで出てくるコンプレッションシャツの「加圧シャツ」。あれは100%バッタモン(便乗偽物商品)ですので加圧トレーニングとは一切いえません。加圧シャツの画像

そしてまともに加圧トレーニングを行ない、その加圧トレーニングを指導するトレーナーになりたいのであれば「加圧JAPAN」が発行する指導資格を取得することは必須です。ここで書いた「加圧JAPAN」の指導資格ですがここもポイントとなります。「加圧トレーニング」と正々堂々と名乗れる指導資格は加圧JAPANが発行する指導資格を有する指導者でない限り正々堂々と名乗る事はできません。

ここで「加圧トレーニングと名乗れる」と書きましたが加圧トレーニングと名乗らず(名乗れず)血流制限を行なうトレーニングを指導する資格が存在するのか?となると

存在します。

BFRトレーナーズ協会が発行するBFRトレーナーの資格です。BFRは血流制限トレーニングの略で行っている内容は加圧トレーニングとさほど大きく違いません。使用するベルトは空圧式ベルトが主流になる以前の昔に加圧トレーニングインストラクターが使用していた筋力アップくんとほぼ同一のものになります。ここで考えて頂きたいのが、かなり旧式の着圧だけの加圧ベルトを使い指導講習も数時間ちょろっと行なうだけ、さらに堂々と名乗れず「加圧トレーニングと内容はほぼ一緒です」と謳うだけのの指導資格でユーザーの信用信頼が得られるか、という事です。

資格とは信用信頼を得る為に取得しますので「加圧トレーニング」と名乗れず「加圧トレーニングと内容は一緒ですよ」としか謳えないトレーニング法は、自身で行うトレーニングや身内などに行なう分には良いですが赤の他人への信用信頼となると微妙と言わざるを得ないです。ただもちろんBFRにもメリットはございまして加圧JAPANと比較して金額面の安さや資格取得の手軽さがメリットになります。資格取得の手軽さといっても取得講習内容が手薄なものでは行なう指導の質に影響してきますね。

上記の事を踏まえても加圧トレーニングの指導資格となりますと加圧JAPAN一択で良いのではないでしょうか。

加圧トレーニングは非常に効果的なトレーニング方法ですが、やり方を間違えると危険な行為となります。そして指導資格といっても加圧トレーニングを安全に指導するために資格取得を超えたまともな知識、技術が必要となります。資格取得はトレーナーにとって単にスタートでありこれからさらに知識技術を高めることが要求され、それこそが他のトレーナーとの差別化に繋がり現在のような淘汰され抜いた時代でも充分に生き残ることができます。

資格はクライアント側からは安心て受けられる為の指標となり、トレーナー側からは自身のスキルアップ、勉強をスタートさせるきっかけになりますのでまずきちんと指導資格を取得しましょう。

資格取得の詳しくは加圧JAPANのHPを参照ください。この記事も加圧トレーニングの資格取得については加圧JAPANのHPより引用し掲載しております。

そしてこの記事の本文である大阪での取得となると大阪での実技指導は大阪・難波のパーソナルトレーニングジム加圧&ボディメイクスタジオKへお申し込みください。

加圧トレーニングのトレーナー資格の種類

加圧トレーニングは血流を適切に制限して行なうメソッドで正しい知識とノウハウが必要となりますのでKAATSU JAPANにて所定の養成講習を受講し指導資格ライセンスを取得しなければなりません。日本国内で人に対し加圧トレーニングの指導を行なう場合のみ(海外での指導を行なう場合は加圧JAPANまでお問い合わせください)。

加圧インストラクター

国内で加圧トレーニングの指導ができ、自身が所有するKAATSU製品でしたら販売ができる資格となります。加圧インストラクターは加圧トレーニングの基本的な資格となります。

受講料は440,000円(税込)になり、

受講できる対象者は・・・
医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語療法士、柔道整復師、鍼灸師、あんま・マッサージ師、整体師、保健体育教諭、健康運動指導士、スポーツトレーナー等、人に対する施術やトレーニング指導を行える資格を有した、加圧トレーニング経験者(3ヶ月以上かつ24回以上)。または、人に対する施術やトレーニング指導を行える資格は有していないが、1年以上かつ50回以上の加圧トレーニング経験者となります。

・受講料には加圧トレーニングを行うために必要な専用器具代は含まれておりません。
・加圧トレーニングの資格を取得する事で加圧ベルトの販売ができます。

講習の進み方は、まず理論講習(eラーニング)を10コマ受講後、実技講習(1~2日程度)へと進みます。理論講習は受講時間10時限(12時間)+テストで構成されており、e-ラーニングシステムによるWEBサイト上での基礎理論の受講とテストとなります。

実技講習はKAATSU JAPANの本部(東京)か各地域の加圧スペシャルインストラクターのもとで受講となります。関西で実技講習をご希望の場合は是非大阪・難波のパーソナルトレーニングジム加圧&ボディメイクスタジオKへお問合せください。

そして実技講習受講時に使用する加圧トレーニング器具はご自身で用意する事となり1,購入2,レンタル契約3,実技講習実施者より借用となります。指導で使用する器具を決めかねている場合は講習実施者より借用して実技講習を済まされる方法でも良いかもしれません。

受講料以外にも年間ライセンス料を2年目以降毎年納めないと資格の保持が出来ません。年間ライセンス料は134,200円(団体加入の賠償責任保険年間保険料充当分含む)となり、指導資格は1年毎に更新となります。2年目以降でライセンス料を納めなかった場合は一定期間後、資格が失われます。

加圧スペシャルインストラクター

加圧スペシャルインストラクターは、もともとは加圧統括指導者と上級加圧トレーニングインストラクターが統合されたものとなり通常の加圧インストラクターの上級資格と捉えます。通常の加圧インストラクターとの違いは、加圧インストラクター養成講習(実技講習)を行えることです。このブログに辿り着いた皆さんのように加圧トレーニングの資格を取得したい、勉強したいといった人を相手に講義を行えるようなレベルの高い知識・技術があると認められた人です。

加圧インストラクターから加圧スペシャルインストラクターになる為には・・・一年以上の加圧トレーニング指導歴を持つ加圧インストラクターで、事前の審査(※)に合格した者となります。(※)加圧トレーニングの指導に関する50名分の履歴を提出。提出された履歴をもとに審査、受講可否となります。

資格取得までの流れ

まず加圧JAPANのHP(日本での指導資格ページ)より受講申し込みへと進んでください。受講申込み受付ページの受講申込フォームに必要事項を入力し、申込データを送信してください。受付後加圧JAPANより請求書が届きます。

請求書に記載されている口座に受講料をお支払い頂き、加圧JAPANが受講料のご入金確認後、eラーニングによる理論講習受講用のID、パスワードが発行。という流れになります。通知が届きましたらHPよりe-ラーニングの受講開始していただけます。

理論講習(e-ラーニング)を合格したら、実技講習実施者の下で実技講習を受講していただきます。
e-ラーニングプログラム一覧(加圧JAPANのHPより引用)
加圧トレーニングの発展小史
加圧トレーニングの基礎理論とQ&A
【問題】加圧トレーニングの基礎理論とQ&A
加圧トレーニングによる筋肥大、筋力増強効果
【問題】加圧トレーニングによる筋肥大、筋力増強効果
加圧トレーニングの生理学循環器への効果とメカニズム
【問題】加圧トレーニングの生理学循環器への効果とメカニズム
加圧トレーニングの多面的効果と高齢者への応用
【問題】加圧トレーニングの多面的効果と高齢者への応用
最終問題
・各プログラムは講師映像、音声と、解説のためのスライドで構成されています。
・映像を再生すると講習会がはじまり、講習の進行にリンクしてスライドも自動的に進行します。
・講習の途中での一時停止や、わからなかったところの巻き戻し再生も簡単にすることができます。
・映像を再生しながらスライドだけを進めたり戻したりすることも可能です。
・理解できるまで何回でも再生可能です。
e-ラーニングサイトのご利用環境についてはこちら加圧JAPANのページよりご確認ください。

受講期間はe-ラーニングのID/PASSが発行された翌月から3ヶ月になります。
例)7月にID/PASSを発行⇒10月末までが受講可能期間。受講期間内に講義と試験を受け合格すると理論講習修了となります。

受講期間内に修了しない場合には不合格となり養成講習の実技講習には進めません。

実技講習:受講時間1日間〜最大2日間
※実技講習受講時に使用する加圧トレーニング器具は、以下の方法により予めご自身でご用意していただきます。
1)購入 2)レンタル契約締結  3)実技講習実施者や所属施設より借用  

理論講習受講後、大阪で実技講習を希望されるひとはKAATSU JAPANに登録されている加圧&ボディメイクスタジオKの加圧スペシャルインストラクターより実技講習を受けていただく事ができます。各種器具の使い方、自分自身への実技取得、適正圧の見極め方、他人への施術等の実践指導法・施術法の修得のための応用実技習得と、各種登登録届の仕方、資格制度の説明、器具の販売方法等の事業講習も含まれます。

実技講習は今回「大阪で加圧トレーニングの資格を取得したい」との趣旨で記事を書かせて頂いておりますので東京の加圧JAPANでの実技講習ではなく大阪での上級加圧トレーニングインストラクターによる実技講習で記事を進めさせていただきます。

大阪での実技講習は当施設(加圧&ボディメイクスタジオK)で実施可能です。当施設に実技講習を申し込まれた場合は講習場所は大阪・難波の加圧&ボディメイクスタジオKでの講習になります。講習日は講習実施者と講習者の日時の調整上決定致します。

実技講習が修了して、講習実施報告書と修了検定レポートが認定されたら、加圧JAPANより修了証と指導資格ライセンス証(IDカード)が発行され加圧トレーニングインストラクターとして活動する事が可能となります。

ライセンス取得後も資格者全体の安全かつ効果的な指導技術および資質向上・格差の是正を目的としてKAATSU JAPAN または一般社団法人日本加圧トレーニング学会が開催する学術集会、カンファレンス、講習会、勉強会等への参加を義務付けられていますので資格者は日本加圧トレーニング学会の会員へなられることをおススメします。

まとめ

今回は「大阪でどうやって加圧トレーニングの資格取得すればいい?」や「加圧トレーニングを指導するトレーナーになりたけど指導資格に種類はあるの?」や「大阪でも加圧トレーニングのトレーナーの資格は取得することはできるのか?」といった疑問にお答えさせて頂きました。この記事を読んで頂き自身が加圧トレーニングの資格、ライセンスを取得し大阪で加圧トレーニングインストラクターとして活動する姿を思い描くお手伝いが出来ていれば幸いです。そして誰にでも加圧トレーニングのインストラクターをオススメする!という事ではなく初期費用や年の更新費用も多額になる為それなりの覚悟と気概を持って資格取得に臨まれる事をおススメします。他人へ施術・指導するという事はそれ位の覚悟が必要です。今は加圧トレーニングのパーソナルトレーニングジムが少ないから今が狙いだ!という安易な気持ちではなく本当に加圧トレーニングの良さを自身でも実感し、自信を持って他人に指導できるようでないと現時点で淘汰された過去の加圧インストラクターと同じ轍を踏んでしまいます。当施設の上級加圧トレーニングインストラクターが養成した過去の養成者達は現在も多くの養成者さんがご活躍されています。

大阪で加圧トレーニングの資格を取得するのは、東京にいるより難しいと思うかもしれませんがそんなことはなく、e-ラーニングと大阪の上級加圧トレーニングインストラクターのもとで実技を行って頂ければ資格を取得することは可能です。迷われている方は勇気を持って加圧JAPANのHPから申し込んでみましょう!

そして大阪で取得を希望の場合は加圧&ボディメイクスタジオKへ是非お申し込みください。勝村トレーナーの指導風景